脂漏症

脂漏症(しろうしょう)

皮膚の新陳代謝に異常が起き、かさついたフケの多い皮膚やべとついた皮膚になる病気。 先天的なものと、栄養障害、内分泌疾患などが原因で起きる場合がある。

脂性は、アメリカン・コッカー・スパニエル、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル、 ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア、ジャーマン・シェパード、ラブラドール・レトリーバー、 秋田犬に多く、乾性は、ドーベルマンやアイリッシュ・セターに多くみられる。 乾性のものには保湿剤などで皮膚に潤いを、脂性には角質溶解剤などで皮膚を乾燥させる。