初めての犬・Dog・ワンコ!TOP 犬の病気 > 犬パルボウイルス感染症

犬パルボウイルス感染症

犬パルボウイルス感染症

病原ウイルスは1978年に発見された比較的新しい犬パルボウイルスです。 このウイルスは生命力が強いので、感染した犬の側にいなくても感染の恐れがあるので注意が必要。

感染後2日くらいで元気がなくなり、下痢や嘔吐がみられ食欲が無くなる。5種、 8種の混合ワクチンで予防が可能です。生後14週までに3から4回接種すると安心です。