初めての犬・Dog・ワンコ!TOP 犬の病気 > 免疫介在性溶血性貧血

免疫介在性溶血性貧血

免疫介在性溶血性貧血(めんえきかいざいせい ようけつせい ひんけつ)

赤血球の表面に異常が起き、体内を流れながら赤血球が壊れていき貧血となる。 2から8歳の犬に多い。まお、雌の発症率は雄の3から4倍にもなる。

寒がる、食欲不振、落ち着きがない、ぐったりする等が症状。尿が赤くなったり、黄疸、嘔吐、 下痢なども。原因は、 感染症や腫瘍もしくは他の病気で薬を与えている場合に薬の副作用で起きる場合と原因不明で起きる場合がある。 原因が判明している場合はそれを取り除き、免疫抑制剤を使い治療する。 急性の場合は死亡することがあるが、早めの治療で回復するので早期発見が大事。