条虫症

条虫症

サナダムシ(体長50㎝にまで成長することも)が原因で小腸に寄生し感染する。 サナダムシの一部がちぎれて便に出てくる。また、 サナダムシの卵を食べたノミに刺されることで再感染することも。

症状は特に出ませんが、子犬に多くのサナダムシが寄生すると下痢、 体重減少などの症状が出ることも。駆虫薬で治療できます。予防法はノミを駆除することでかなり防げる。