トキソプラズマ症

トキソプラズマ症

本来は猫に寄生するとても小さな寄生生物。しかし、人間を含むほとんどの動物に感染する。 犬の場合は、豚肉の生や猫の便を食べたときに感染する可能性があります。

健康な犬なら感染しても症状は出ない。犬の体力が落ち免疫が異常に低下したとき、 トキソプラズマが活性化し病気になる。症状は下痢や筋肉の衰え、呼吸困難等が出る。 トキソプラズマに対する薬で治療は可能だが、重症になると治療が不可能になることも。 予防法は生肉を与えない、猫の便に近寄らせないことです。