僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症(ぞうぼうべん へいさふぜん しょう)

犬の心臓病で最も多くマルチーズやポメラニアンなどの小型犬に多い。 心臓の左心房と右心房の間の僧帽弁に異常が起きる。老年期に良く発生する。

年齢と共に発生率が増加し16歳では75%がこの病気ともいわれる。 レントゲンや超音波検査などで確認する。現在、効果的な治療法や予防法はまだない。