クッシング症候群

コルチゾールホルモンが過剰になるために起こる病気。 体内の副腎機能が亢進して起こる場合と副腎皮質ホルモン剤を長期使用して起きる場合がある。

犬には比較的よくみられる病気。体内で自然発生するのは、プードル、ダックスフンド、ビーグル、 ボストン・テリア、ボクサーに多く、8歳以上の犬がかかりやすい。薬が原因の場合は犬種に関係ない。 症状はビール腹のようにお腹がふくれる。また左右対称の脱毛が起こることも。

薬が原因の場合は、投薬量を徐々に減らす。 自然発生の場合は肥大した副腎を治療したり、副腎腫瘍を摘出する