初めて飼う場合

狂犬病予防法により、 犬を飼う際には登録をしなければなりません。 これは飼い主の義務なのでしっかり守りましょう。

生後91日以上(90日未満の場合は90日経過後) の犬を飼い始める方は、飼い始めてから30日以内に区(市、 町、村)役所で登録の申請をしてください。登録の際には、 犬の鑑札が交付されます。 鑑札は常に犬に付けておいてください。 犬の登録は一度行えば、その犬の一生にわたり有効です。 また、狂犬病予防注射は毎年1回受けてください。 注射を受けた後は区(市、町、村) 役所で注射済票の交付申請をしてください。

※ 犬鑑札と注射済票は必ず犬につけておくようにしましょう。